もしもブレッシュとトラブルになった場合の解決方法

もしもブレッシュとトラブルになった場合の解決方法

 

ブレッシュに電話が繋がりにくいというのは、ネットのSNSやブログなどでもたまに見かけることがあります。

 

ブレッシュは人気商品なので、購入される方がものすごく多い商品となっています。

 

ですから、解約の時も解約窓口の電話回線が込み合っている為に、なかなか電話がかかりづらいという事も稀にあるようです。

しかしトップページでもご案内している通り、

 

もしも電話が繋がらない場合はメールでの問い合わせもしくは、

 

公式サイトにある問い合わせフォームから

 

ブレッシュの窓口へ問い合わせることが可能です。

 

メールやお問い合わせフォームであれば回線が込み合っているという事はありませんので、

 

確実に解約の意志を伝えることができると思います。

 

それでも中には行き違いなどがあって、ブレッシュの販売元とトラブルになるようなケースも考えられます。

 

その場合はいくら当事者同士で話し合っても解決はしませんので、第三者に相談することが得策だと思います。

 

この時の第三者として問い合わせるべきは消費者センターになります。

 

万が一、ブレッシュと話し合いの折り合いがつかない場合は、事の経緯を含めてその旨を消費者センターに伝えましょう。

 

 

消費者センターとは?

消費者センターは、一般的に商品やサービス等の消費生活全般に関する問い合わせや苦情、また消費者からの相談に対して専門的な相談員が話を受け付け、そのうえで公正な立場で判断し、事案を処理します。

 

ですから、当人同士で話がまとまらずにどうしていいか困ってしまった。

 

明らかに向こうに非があるのに、このままだと泣き寝入りになりそう。

 

先方の主張についてよくわからないから相談したい。

 

私のケースは果たして正当なやりとりなのか?

 

などなど、どんな事でも消費者として不安や不満を感じた場合に、これを第三者の立場で公平公正に判断してくれます。

 

そしてやり取りの間に入って、私たちの代わりに事案について解決の方向へ導き処理をしてくれる心強い味方となります。

 

消費者センターの窓口は全国にあり、自治体によって規模や体制も様々です。

 

しかし全国統一で気軽につながるホットラインもあるので安心してください。

 

以下に番号をご紹介しておきます。

消費者ホットライン
188(局番無しです|土日祝日は国民生活センターへつながります。IP電話からは繋がりません。)
国民生活センター平日バックアップ相談
03-3446-1623(消費者ホットラインにかけて最寄りの相談窓口に繋がらない場合はこちらへどうぞ)

 

消費者センターへの相談は、あくまで自分一人ではどうしようもなくなった場合に最終的に行うもので、

 

まずはブレッシュへ余裕をもってお問合せをして解約の手続きをしてください。

 

それでもどうしても双方の言い分が食い違ってトラブルに発展した場合は、

 

消費者センターへ間に入ってもらい適切に解決することが賢明でしょう。

 

>ブレッシュ 解約について